動画を編集出来る様になったらドローンが10倍楽しくなった【後編】

ドローン動画の編集をするならPremiere pro

どうも空旅です。

前回ではPremiere proの編集画面の名称と役割、映像の読み込み方を
やりました。

drone-kusatsu-blog.hatenablog.com

今回は4K動画の注意点と手っ取り早くできる編集方法をやりたいと
思います。

4K動画編集をスムーズにするにはプロキシ設定

ドローンに限らずデジカメ、スマホなど4K対応のガジェットも当たり前

になってきて4Kで撮影することもあると思います。

ただ、4K動画って容量が大きいんですよね。なので編集時のプレビュー

画面がカクカクして作業が進みにくくなってしまいます。

なので作業しやすくする為少し設定を変えてあげる必要があります。

【1】メニューバーのPremiere pro → 環境設定 → メディアをクリック。

Premiere pro プロキシ設定方法

すると環境設定のダイアログボックスが開くのでその中から

「プロキシを有効化」にチェックを入れます。

このプロキシというのは「代わり」とか「代理」という意味で、4K動画

の画質を落とした動画を別に作成しそれを編集時に使用して書き出す時

に4Kの画質に戻して保存するという設定になります。

プロキシさせたいプロジェクトパネルグループに取り込んだ映像を

クリックし、右クリックからプロキシ → プロキシを作成をクリック。

Premiere pro プロキシ設定方法

ポップアップが出てくるのでそのままOKをクリックして次に進みます。

Premiere pro プロキシ設定方法

するとMedia Encoderというソフトが立ち上がります。

アドビ Media Encoder

これは画像を変換してくれるソフトでPremier Proと同時にインストール

されています。自動で画像の変換が始まりますので終了するまで

しばらく待ちます。

変換の終了後、読み込んだ画像と同じ階層に「Proxies」という

変換された映像が入ったフォルダが作成されているので

確認してみてください。

動画編集の基本「カット編集」

いよいよ編集です。

タイムラインパネルにあるタイムインジケーター(画像の矢印の部分)を

ドラッグや、キーボードの矢印キーで切り取りたい箇所まで

移動します。

Premiere pro 編集

タイムラインパネルへドラッグした映像を「クリップ」と言います。

キーボードの「C」を押すとクリップ上のカーソルがカッターの様な

アイコンに変化するので切り取りたい箇所の始めと終わりをクリックし

クリップを分割します。

キーボードの「V」を押しカーソルが矢印に変わったら、切り取りたい

箇所をクリックし「Delete」で削除します。

すると画像の様に削除された部分にスペースが出来きてしまいます。

Premiere pro 編集

このスペースを埋める方法はいくつかあります。

一つ目は、クリップをドラッグして移動させる。

二つ目はスペース上で右クリックすると「リップル削除」のポップが

出てくるのでクリックする。

三つ目はクリップを削除する時に「Alt」+「Delete」でクリックすると

自動でスペースを埋めてくれます。

この辺は自分のやりやすい方法を選べばいいと思います。

トランジションを使って映像をプロっぽく

トランジションとは映像と映像の切り替わりにフェードインとか

フェードアウトとかの効果をつける事です。効果をどうつけるか、

どの効果をつけるかで印象が大きく変わるのでセンスの見せ所でも

あります。

クリップの端をクリックすると赤いカッコの様なマークが付きます。

Premiere pro 編集

マーク上で右クリック → 「デフォルトのトランジション」を適用を

クリック。

これでフェードアウトが適用されます。

ちなみにマークが右を向いた状態だとフェードインが適用されます。

Premiere pro 編集

効果を指定して適用させる事もできます。「Shift」+「7」を押すと

エフェクトタブが開きます。その中から「ビデオトランディション」を

選び適用させたい効果を選びます。

それを適用させたい箇所へドラッグすればOKです。

Premiere pro 編集

これらを踏まえて僕も簡単な動画を作成してみました。


【ドローン】MAVIC2 PROで桜並木を空撮【4K】

終わりに

トランジションは映像の趣旨にもよりますが、何回も使用したり派手な

効果を使用すると素人感が出てしまいます。

基本は場面が切り替わるカットイン(トランジションを設定しない

状態)で行い、同じ様な映像が続く場合や、場面が切り替わる時に設定

するのが印象がいいと思います。

慣れないとハードルが高そうに思えますが、ドローンにしろ、デジカメ

にしろ自分で編集ができる様になると動画の撮影が10倍、20倍と

楽しくなります。

細かな設定は端折ったので詳しくは書籍などでぜひ

勉強してみてください。

【はじめての人でも大丈夫!ムービー作成&編集をしっかりマスター!】
【すぐに役立つ!ずっと使える。最強の入門書!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です