ドローンでプロのような映像を撮るならまずは手元から!

どうも空旅(そらたび)です。

 

YOUTUBEにはたくさんのドローンの空撮映像がアップされていますが自分の空撮動画と比べて何か違うなぁ〜って思ってたんですよね。で、気づいたんです。それは、

 

スピードが一定。

 

急に加速したり、ギュンッと急に旋回したしてスピードが不安定だと素人ぽくなるし、見ていて違和感を感じてしまうんですよね。

 


Drone Japan 4k 絶景 ドローン 空撮映像 紅葉 秋の北八ヶ岳 高見石~白駒池 空中遊覧 Autumn Shirakomaike DJI PHANTOM4

 

 


[ 4K Ultra HD ] 絶景空撮:「桜」ドローン空撮 Showreel 2017 Aerial Drone Shots of SAKURA (DJI MAVIC PRO)

 

編集の仕方もあるのかもしれませんが、映像が綺麗な動画は一定のスピードで撮影されています。僕の映像は所々でスピードが変わってたんですね。

 

わかっちゃいるけど

難しんだよなぁ〜。

 

練習あるのみですが、なるべく操作しやすくカスタマイズしたいですよね。

 

 

 

ドローンでの空撮のコツは ゆっくり動かす、そっと動かす

スティックの操作の仕方は多くの方が親指で操作すると思いますが僕は人差し指と親指でつまむようにして操作しています。

ドローンはスティックを少し傾けただけで加速したり敏感に反応します。

しかしスティックを長くする事で反応が鈍くなり、細かな調整がしやすくなります。

そこで僕がMAVIC2で使用しているのがコレ。

DJIドローン MAVIC2用スティック

 

 

 

コレは先端の部分を伸ばして自分の好みの長さに調整する事ができます。先端の部分をMAXに伸ばしたのがこちら。

DJIドローン MAVIC2用スティック

標準で搭載されているスティックと装着した状態で比べてみると、
 

DJIドローン MAVIC2用スティック

 

伸ばさない状態だと標準搭載されているスティックと遜色ない長さなので装着したままでケースに収納できています。PHANTOM4用もあるようです。

 

【純正のスティックと比較し、指に接する部分が広いので、疲れにくく操作しやすいです】

終わりに

ドローンのプロポのスティックは他にも何種類かあるようなので自分好みのものを探してみるのもいいかもしれませんね。

不安定なスピードで撮影した部分はカットするしかありません。

せっかく撮影したのだから、なるべくカットする部分は少なくしたいですよね。撮影しやすくカスタマイズしながらテクニックを身に付けていきましょう。

 今回紹介したスティックが対応するドローンはこちら 

 

【1型CMOS搭載折りたたみ4Kモデル】
【光学2倍ズームの折りたたみ4Kモデル】

ドローン初心者必見!取り入れたいアプリはこれ!

ドローンは始めたなら取り入れたいアプリはこれ

どうも空旅(そらたび)です。

ドローンを飛ばすようになってまず気になるようになるのが、天気🌤

 次の休みに飛ばしに行こう!と息巻いても

雨☔️

風🍃

雪⛄️

事前に天気が把握できればなぁ、助けてドラえも〜ん。

そうです、ドラえもんはいなくてもアプリがあるんです。

天気予報アプリはたくさんありますが、無料のおすすめアプリを紹介します。

 

 

15時間先までわかる便利な雨雲レーダー

Yahoo!天気

Yahoo!天気

Yahoo Japan Corp.無料posted withアプリーチ

1時間ごとの詳細な天気予報から週間予報まで現在地だけでなく、住所を検索して調べることができます。特徴は画面下中央にある雨雲ボタンで雨雲などの動きを見れる事。

 

 

ドローンは始めたなら取り入れたいアプリ、Yahoo天気

 

ここから現在地、あるいは検索場所の雨雲レーダー、雷レーダー、雨雪レーダー、積雪深をみることができるんです。

 

 

Yahoo天気の雨雲レーダー機能

 

画面下のレバーで1時間前から15時間後まで動きの予測を見れます。他にも地震や台風などの災害情報、花粉情報なども見ることもできる人気アプリの一つです。 

 

 

天気や季節の情報をみんなで作るユーザー参加型天気予報

ウェザーニュースタッチ 天気・雨雲レーダー・台風の天気予報アプリ 地震速報・災害情報付き

ウェザーニュースタッチ 天気・雨雲レーダー・台風の天気予報アプリ 地震速報・災害情報付き

DeluxeWareposted withアプリーチ

 

こちらも現在地や検索した住所の1時間や3時間ごとの天気や気温、風の向きがわかります。月額360円の会員登録すれば5分ごとの情報も見る事ができます。

 
 

ドローンは始めたなら取り入れたいアプリ、ウェザーニュースタッチ

Yahoo!天気アプリ同様、雨雲や台風、花粉や桜前線の情報をレーダーで確認することが出来ます。画像は桜前線のレーダーを表示しているのですが下部にあるレバーで1週間前から1ヶ月後まで桜前線の移動具合を見る事が出来ます。雨雲レーダーに至っては1時間後以降は有料となります。

 

このアプリの面白いところはアプリユーザーが空の写真や植物などの写真を投稿し情報を共有することができる事。

 

ドローンは始めたなら取り入れたいアプリ、ウェザーニュースタッチ

 

右下の「周辺の空」をタップすると現在地周辺の空模様が表示されます。

画像は夜見たので夜空の投稿写真が表示されているんですけど、画像をタップすると投稿者のコメントやその場の天気や気温なども確認する事もできます。

空の写真の他に季節の花や植物、桜景色などのカテゴリーがありただ単に天気をチェックするだけでないなかなか面白いアプリだと思います。

 

 

釣りやスノボーにも!世界中の風の動きが視覚的にわかる

Windy.com

Windy.com

Windyty, SE無料posted withアプリーチ

ヨットやパラグライダー、サーファーなどアウトドアスポーツの方だけでなく漁師やパイロットなど風に関わる方に利用されているアプリ。

 

ドローンは始めたなら取り入れたいアプリ、WINDY

 

このアプリは天気予報というより風予測アプリて言う感じです。

この画像ではわかりずらいですが、地図上の白い線が動いて風の流れを表しています。ピンチアウトすれば詳細な場所が表示され風の強さも数値で表されます。

 

検索窓から国や地名を入力すればその箇所の風速、風の向き、気温、海抜での大気圧などが確認できます。検索しなくても現在地から近い海岸や港をピックアップしてくれるので釣り好き、マリンスポーツ好きな方にはすごく便利だと思います。

 

当然天気予報もありますが、そこまで詳しくないです。

有料会員になれば過去の天気予測のデータや風力の予測をグラフに表したりより詳細を知ることが出来ます。

 

終わりに

天気予報のアプリだけでもたくさんありますよね。

無料のアプリも多いので色々試して自分の好みを見つけるのもありだと思います。

ドローンは天気や風と切っても切れない関係なので安全の為にも最低でも一つは入れておきましょう。

覚えておこう!ドローンの飛行禁止区域と禁止条件

どうも空旅(そらたび)です。

今回はドローンを飛ばす為に守らないといけないルール

について書きたいと思います。

 

ドローンを飛ばすには重要な事なのでしっかりと

頭に入れておきたいですね。

 

実はドローンには色んな法律が絡んでくるんですよね。

航空法、電波法、道路交通法、河川法、重要文化財保護法、民法、条例など…

こ、こんなに!!特に重要なのが、

 

航空法

 

条件によっては申請、許可が必要になります。

手軽に購入できるようになった反面、知らぬ間に法を犯していたという事に

なりかねないのでしっかりと知識を身につけていきましょう。

 

 

航空法が適用されるドローンは200g以上

ドローンは大きく分けて二つに分けられます。

一つは「無人航空機」に分類される機体本体とバッテリー重量の合計が

200g以上のドローン。

本格的な空撮目的で使用されるドローンは、ほぼこれに該当します。

 

対する200g未満の重量のドローン。こちらは「模型型飛行機」とみなされ、

無人航空機に係る規制は適用されません。 

 

事前の申請が必要となる6つの飛行方法

そして200g以上のドローンでは以下の飛行方法には申請が必要となります。

 

夜間飛行

ドローンの夜間飛行は禁止です

ドローンを飛ばせるのは日の入りから日没までとなります。

 

目視外飛行

ドローンの目視外飛行は禁止です

ドローンは直接肉眼で視認できる範囲内でしか飛ばせません。

「目視」での飛行はメガネやコンタクトレンズの着用はOKですが、

双眼鏡などの使用はNGとなります。

 

人や建物などから30mに近づいての飛行

人や建物などに30m近づいての飛行は禁止です

操縦者や撮影関係者以外の第三者や第三者の所有物に対して30m以上

離れて飛行しなければいけません。

 

イベント上空での飛行

イベント上空でのドローンの飛行は禁止です

イベントなど多くの人が集まる場所での飛行は申請が必要です。

 

危険物の輸送

ドローンを使って危険物の輸送は禁止です

火薬類や高圧ガスなど爆発するような物体や、毒物など危険物を

ドローンで輸送する事は禁止です。

 

ドローンを使って物を投下

ドローンを使って物を投下する事は禁止です

ドローンから物体を投下する事は禁止です。ちなみに農薬散布もこれに

該当するので事前に申請が必要となります。

 

航空法で定められた飛行禁止区域

そもそも航空法というのは航空機の安全と確保する為に制定された法律です。

以前まではドローンを直接対象した規定はありませんでしたが、

一般にもドローンが普及した事で事故やトラブルが続出したので2015年

に法改正されました。

 

ドローン飛行禁止区域

  • 地表から150m以上の高さは全面飛行禁止。
  • 空港やヘリポート周辺。
  • 人口集中地区の上空。 

これらの場所で無断に飛行した場合は

 

50万以下の罰金

 

を課せられる事もあります。

ドローンの飛行禁止区域を調べるにはこのアプリ!

以前にもこのブログで紹介しましたがこちらのアプリが便利

ドローンフライトナビ - 飛行制限確認地図

ドローンフライトナビ – 飛行制限確認地図

posted withアプリーチ

 

ドローン飛行チェック

ドローン飛行チェック

do Inc.posted withアプリーチ

 

 

ピンチアウトで画像を拡大すると地図の詳細が見れます。

 

ドローンフライトナビ画像

赤色の所が禁止区域。青い円が空港や飛行場を表してます。

都会の方では

真っ赤!

飛ばせる場所がなかなありませんね。

右上のある矢印のマークをタップすると現在地がズームします。

より詳細な情報を知ることができます。

さらに住所を検索する事もできるので行ってみたい場所を事前に

調べる事もできます。

無料のアプリなのでぜひインストールしておきたいですね。

 

終わりに

ドローンを飛ばす場所や飛ばし方によっては第三者に迷惑や危害を与えて

しまう事にもなってしまうので、フライトを楽しむ為にもしっかりとルールを

把握しておかないといけませんね。

ドローンを飛ばす前にやっておきたい4つのポイント

どうも空旅(そらたび)です。

前回、ドローンは誰でも簡単に飛ばせる、そんなに難しくないよ〜

とういう記事を書きましたが、

 

drone-kusatsu-blog.hatenablog.com

 

ではいざドローンを飛ばそうって思った時に何をしないといけないのか、

何を知っておかないといけないのか

僕がやっていることを書いてみようと思います。

 

 

雨、風はドローンの天敵!
まずは天気を調べよう

 

とにかくまずは天気です。当たり前ですが

雨の日は飛ばせません!

雨の日はドローンは飛ばせません

ドローンは精密機器です。雨の中でパソコン使わないですよね。

土砂降りの中でカメラ使わないですよね。それと一緒です。

濃い霧の中で飛ばしてモーターがショートして墜落したという

話を聞いた事もあります。

 

ドローンって繊細!!!

 

そして同じく気をつけないといけないのが

風!

DJIによるとPHANTOM4は風力階級レベル4(およそ5.5〜8.0未満m/s)

MAVIC2はレベル5(およそ8.0〜10.8未満m/s)と明記されています。

と言われてもなんのこっちゃわからないですよね。

そんな時にはこれがあれば便利!

 

【風速と温度を同時計測することができるデジタル風速計

ドローンを飛ばせない風がどの程度なのか目安になる動画がありました。

 


ドローンを飛ばせない風速5mってどれ程の風?

 

地上と上空で風の感じ方が違うので注意が必要です。

 

 

飛行可能エリアをアプリでチェック!

やっぱりドローンを買うと色んな所へ行って

写真や動画を撮りたくなりますよね。

カメラを趣味にしている人には気持ちが分かるんじゃないでしょうか。

 

どんな画が撮れるかな?上手く撮れるかな?

ウキウキ。ワクワク。

 

だが、

はやる気持ちを抑えてまず下調べ。

まずはここ飛ばしてみたいなぁ〜ていう場所がドローンを飛ばしていい

のかどうかを調べます。

 

ドローンフライトナビ - 飛行制限確認地図

ドローンフライトナビ – 飛行制限確認地図

posted withアプリーチ

 

ドローン飛行チェック

ドローン飛行チェック

do Inc.posted withアプリーチ

 

ほとんどのドローンパイロットがインストールしているであろう

このアプリ。現在地だけでなく場所を検索して飛行可能なのかを

確認する事ができます。

 

ドローンパイロットに必要なアプリドローンフライトナビ

 飛べない場所は赤く色付けされ、近くに空港があると青の円が表示されるので

ここ飛ばせる!

ここヤベェ!

が直感的に分かるので便利です。

もし自分が飛ばしたい場所が赤くなっていたり青い円付近だと申請が必要。

 

ここを語ると話が長〜〜くなってしまうので別の機会に触れたいと思います。

 

drone-kusatsu-blog.hatenablog.com

 

 

初めて行く場所はGoogle先生に頼ろう!

行った事がある場所ならいいですが、初めて行く場所なら

ストリートビューで道順だったり、撮影ポイントなどをチェックしてみましょう。

ざっくりでも環境をわかっているのとわからないとでは違いますからね。

 

 

アプリでなくてもブラウザでも見れます。

利用されている人も多いんじゃないでしょうか。

 

はやる気持ちを抑えてまずはロケハン!

 よしっ!現場に到着!

飛ばすぞ〜〜っ!

 

とはやる気持ちを抑え最終チェック!

ロケハン(ロケーション・ハンティング)をやります。

撮影場所の下見ですね。

 

近くに何があるのか。電線や木の枝など障害物がないか?

近くに人がいないか?

離陸ポイントやカメラのアングルなど想定しながら散策します。

 

終わりに

ドローンってだいたい飛ばせて20〜25分ぐらいなんですよね。

撮影時間が限られているので飛ばす前に分かる情報は

なるべく収集しておきましょう。何より、墜落などトラブル防止の為に

もなりますしね。

 

 

 

ドローンをもっと知ろう!

どうも、空旅(そらたび)です。

皆さんの周りにはドローンをやられている方はいますか?

僕の周りにはいません笑

 

「ドローンって操縦が難しそう。」

 

「落ちたりしないの?」

 

なんて声を聞きます。でも、

 

f:id:drone_kusatsu_blog:20190331013741g:plain

…すいません、取り乱しました。

免許・資格のいらないドローンは誰でも簡単に飛ばせ事ができるんです。

ドローンの仕組みを書いていきたいと思います。

 

 

困った時助けてくれるGPS機能

ドローンにはすべての機種ではないですが、GPS機能がついています。

GPS?そうスマホカーナビなど今や生活に身近な存在ですよね。

 

GPS機能

 

高度約2万km飛んでいる人工衛星が発信している信号を端末が受信して位置を

特定しています。これがドローンにも搭載されています。

 

それが何を助けてくれるのか?

 

手を離せばその場で
空中停止飛行して
くれるんです

だから何かにぶつかりそう、どこに行ったのかわからない、

そんな時は操縦をやめればいいんです。

 

そうすれば、その場でフワフワ浮いてくれるので

一旦落ち着いから、障害物を避けたりドローンの姿が見えるところ

まで移動させたりする事でトラブルを回避する事が出来るんです。

かなり安心ですよね。

 

センサーでさらに安定した飛行ができる

 GPSだけでなくドローンにはいろんなセンサーが飛行を助けてくれるんですよね。

 

ジャイロセンサー

角速度センサーとも言われ簡単に説明すると傾いた機体を水平に保ってくれる

センサー。右側が傾くと右側のプロペラの回転数を上げて左側を下げてくれます。

 

水平を保つドローンのジャイロセンサー

 【 加速度センサー 】

一定の時間の中での動きの速度を検出するもので風などに吹かれた時に

検出された数値とGPSを組み合わせてホバリング中もその場に留まるよう

モーターに伝達します。

 

加速度センサーがないと

加速度センサーがあると

【 気圧センサー 】

気圧は地上付近では高く、上空では弱くなります。この原理を利用して

気圧の変化を計測し、ドローンがどの高さを飛行しているのかを測定します。

 

 

【 磁気センサー 】

簡単に言えばコンパスの役割になります。ドローンが東西南北どの方角を

向いているかを測定します。アプリを使って送信機からドローンの向きを

確認できるのもこのセンサーのおかげです。100m、200m離れてドローン

の姿が点のように小さくなってしまっても向きが確認できるので安心です。

ドローンの向きを測定する磁気センサー

【 障害物検知センサー 】

障害物に接近しすぎると光学センサーや赤外線センサー感知し自動で減速したり、

ホバリングしたりして衝突を回避してくれます。PHANTOMでは前後左右、MAVIC2に至っては上下前後左右にセンサーが備わっていてドローンの進化と共に安全面も進化しています。

衝突を防ぐドローンの障害物検知センサー

 

 

終わりに

どうです?こんなにドローンが飛行をアシストしてくれるのならで初めてでも

操縦できそうじゃないですか?実際、衝突などのトラブルも減っているようです。

しかし当然ながら100%安全というわけでもありません。

性能が高い分

 

「俺って操縦上手いじゃん!」

 

って勘違いしがち。

 

GPSが通じない場所もあります。

 センサーにも死角があるかもしれません。

 

 なので過信や無茶な操縦は禁物です。

 

【1型CMOS搭載折りたたみ4Kモデル】
【光学2倍ズームの折りたたみ4Kモデル】

僕がドローンを始めたきっかけ

こんにちは。空旅(そらたび)です。

自己紹介がてらなぜドローンを始めたのか書こうと思います。

…と言っても大した理由ではないのですが

 

 

ドローンを使って空撮動画を撮りたい

僕はホームページを作成する仕事をしているのですが、数年前から動画を

取り入れるサイトが増えてきたんですよね。

 

YOUTUBEだったりTIKTOKだったり自己表現する方法も動画が使われたり

するじゃないですか。

時代のトレンドだなぁ〜、自分も動画を扱えるようにならないとなぁ〜って

考えるようになったんですね。

 

そこで何気なく見ていたTVに映った空撮の映像。

もちろんドローンの事は知っていたし、見た事もあった。

でも、詳しくは知らないなぁ…

ちょっと調べてみるか。

そこでパソコンで「ドローン」で検索してみると

出てくる、出てくるオシャレな空撮動画。

 


Introducing the DJI Mavic 2

 

「お、面白そーっ!!!こんなの撮ってミテェーっ!!!」

普通のカメラでは撮れない景色やアングル。調べれば調べるほどどんどん

ドローン惹かれていきました。

 

 

ドローンへの憧れ!そして購入へ

「よしっ!今すぐにドローンを買おう!!」

 

た、高い!!すぐには手が出せん!でも欲しい、、、。

日々動画を眺めては想いを募るあぁ、、ドローン、、、、

 

 

DJI ドローンPHANTOM

phantom

 

 

DJI ドローン MAVIC

mavic

 いきなりこのクラスには手が出せないので、1万円ほどのトイドローンを

購入しちまちまと練習することにしました。

 

 

ドローン購入を後押しする出来事が

ドローンについてあれこれ調べていると近くでドローン講習を

やっているところがあるという。

 

近くと言っても田舎なので車で2時間ぐらいかかりますが。

それまでトイドローンしか触った事がない僕からするとハイクラスなドローンを

操縦できる絶好のチャーーーーーンス!!!

 

扱ったドローンはPHANTOM4

DJI ドローン PHANTOM4

phantom4

 

5人ほどで2日間基本操作から実際に映像作成を意識した飛行訓練と

時間は短かったのですが

 

スッゲー楽しい!!

トイドローンとは違う快適な操作性、YOUTUBEで見たような映像(ヨレヨレの下手くそな出来栄えでしたが)。

ラジヘリすらやったことのない自分にはすごく新鮮な感じでした。

 

もう買うしかないっしょ!!

この講習に出会えたのも運命!神様が

「買えっ!!コノヤロウっ!」と言っているのだ。

勝手に後押しされた気になり購入へ至った訳です。

 

 終わりに

 

きっかけは業務の為でしたがドローンの可能性に惹かれ、単純に上空を舞う楽しさに

魅了されドローンパイロットの仲間入りに。

 

これからガンガン飛ばしていきたいと思います。

 

と思いきや休日の日に限って

雨、雪、雨、雪!

 

購入して三ヶ月立つのに未だ数時間しか飛ばせていないとさ。

トホホ…

 

【1型CMOS搭載折りたたみ4Kモデル】
【光学2倍ズームの折りたたみ4Kモデル】

ドローンのブログ始めました

初めまして。空旅(そらたび)と言います。

 

念願だったドローンを購入してみて気づいた事など

色々書いていきたいと思います。

 

今、ドローンの購入を考えているぞっ!ていう方に少しでも参考に

なれればと思います。

 

まぁ中にはくだらない事も書く事もあると思いますが…笑

頑張っていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

 

ちなみに僕が購入したのは「MAVIC2 PRO」

DJI ドローン MAVIC2 PRO

DJI MAVIC2 PRO

その他写真を趣味に持つので(全然うまくないですが)そっちの事も

時々書いてきたいと思います。

 

それではよろしくお願いします。

 

【1型CMOS搭載折りたたみ4Kモデル】
【光学2倍ズームの折りたたみ4Kモデル】